新着案内

資格概要

講座案内

学校案内

申込方法

資料請求

リンク

お問い
合わせ

home

キャンペーン情報

キャンペーン情報

解答速報

合格者の声

こぼれ話

キャンペーン情報
公 認 会 計 士 資格概要 講座案内
税   理   士 資格概要 講座案内
簿 記 検 定 1 級 資格概要 講座案内
簿 記 検 定 2・3 級 資格概要 講座案内
社 会 保 険 労 務 士 資格概要 講座案内
宅地建物取引主任者 資格概要 講座案内
公 務 員(大 卒 程 度) 資格概要 講座案内
新 司 法 試 験 資格概要 講座案内
司法試験・予備試験 資格概要 講座案内
法 科 大 学 院 資格概要 講座案内
司  法  書  士 資格概要 講座案内
弁   理   士 資格概要 講座案内
行  政  書  士 資格概要 講座案内
中 小 企 業 診 断 士 資格概要 講座案内
ファイナンシャル
プランナー(FP)
資格概要 講座案内
情  報  処  理 資格概要 講座案内
不 動 産 鑑 定 士 資格概要 講座案内
マンション管理士
管理業務主任者
資格概要 講座案内
ビジネス実務法務検定 資格概要 講座案内
建設業経理士検定 資格概要 講座案内
キャンペーン情報

mit

mic

mie

 

資格概要

公認会計士(CPA)

資格の魅力資格ガイド                   資料請求はこちら           2013.12.22更新

資格の魅力
試験制度改革は事実上廃案となりました。
※試験制度は従来のまま存続します。

1.会計・財務のプロフェッショナルです。
 公認会計士(CPA)は、会計・財務のプロフェッショナルとして経済社会にとって極めて重要な役割を果たしています。主な業務は、監査業務、税務業務、MAS業務などです。
 監査業務とは、企業が作成する財務諸表が、その企業の財政状態と経営成績を適正に表示しているかどうかを、独立した第三者的立場で判断し意見を表明するという業務です。この監査業務により現代の証券市場を支えてられているともいえる非常に重要な業務です。この監査業務の公認会計士の独占業務となっています。

2.独立開業が可能です。
 公認会計士は、監査法人に所属するだけでなく、独立開業することによって、個人の資格で監査業務を行うことができます。また、税理士として登録することも可能ですから、税理士として活躍することもできます。
 個人の事務所として独立開業することができれば、自分自身の努力により高収入を得ることも可能ですし、定年もありませんから文字どおり一生の仕事とすることができます。

3.試験制度の改正により挑戦しやすくなりました。
 公認会計士試験は、近年の試験制度改正で合格者が大きく増加したため、以前よりも合格しやすくなりました。
 また、短答式試験も2009年より年2回実施されることとなり、受験のチャンスが増加しました。さらに、短答式試験に合格すると、以後2年間は短答式試験が免除されることとなり、論文式試験に集中できるようになりました。以前に比べ、大幅に勉強しやすくなったといえるでしょう。
 このように、以前に比べ公認会計士試験に対するハードルが低くなっており、狙い目の資格といえるでしょう。

 

講座案内 資料請求 申込方法 学校案内

 

資格ガイド (公認会計士・監査審査会

1.受験資格   特になし。(誰でも受験できます。)

2.試験日程(平成26年度)

第1回短答式試験 願書受付 平成25年 8月30日(金)~ 9月13日(金)
試験日程 平成25年12月8日(日)
合格発表 平成26年 1月14日(月)(予定)
第2回短答式試験 願書受付 平成26年 2月 7日(金)~ 2月21日(金)
試験日程 平成26年 5月25日(日)
合格発表 平成26年 6月20日(金)(予定)
論文式試験 試験日程 平成26年 8月22日(金)~24日(日)
合格発表 平成26年11月14日(金)(予定)

2-2.試験日程(平成27年度)

第1回短答式試験 願書受付 平成26年 8月29日(金)~ 9月12日(金)
試験日程 平成26年12月 7日(日)
合格発表 平成27年 1月中旬(予定)
第2回短答式試験 願書受付 平成27年 2月上旬~ 2月下旬
試験日程 平成27年 5月下旬
合格発表 平成27年 6月中旬(予定)
論文式試験 試験日程 平成27年 8月下旬
合格発表 平成27年11月中旬(予定)

3.試験概要

区分 試験時間 試験科目
短答式試験 10:30~11:30 企業法
13:00~15:00 管理会計論・監査論
16:00~18:00 財務会計論
論文式試験 第1日 10:30~12:30 監査論
14:30~16:30 租税法
第2日 10:30~12:30 会計学
14:30~17:30 会計学
第3日 10:30~12:30 企業法
14:30~16:30 選択科目
※選択科目は、経営学・経済学・民法・統計学より1科目

4.受験地区
全国11地区
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、熊本県、福岡県、沖縄県

5.受験料
19,500円

6.合格状況

短答式試験
受験者数
短答式試験
合格者数
短答式試験
合格率
論文式試験
受験者数
論文式試験
合格者数
論文式試験
合格率
平成25年度 7,850人 1,071人 13.6% 3,277人 1,178人 35.9%
6,000人 695人 11.5%
平成24年度 13,573人 820人 6.0% 3,542人 1,347人 38.0%
10,722人 454人 4.2%
平成23年度 17,244人 1,708人 9.9% 4,632人 1,511人 32.6%
14,970人 523人 3.5%
平成22年度 17,583人 1,576人 9.0% 5,011人 1,923人 38.4%
17,660人 820人 4.6%
平成21年度 17,371人 2,289人 13.2% 6,173人 2,229人 36.1%
平成20年度 16,217人 3,515人 21.7% 8,463人 3,625人 42.8%

講座案内 資料請求 申込方法 学校案内